Complete text -- "名医のいるシガーバー"

05 March

名医のいるシガーバー

1

仲間とシガーを吸いながら談笑しているとよく話題にのぼる冗談がある。

ドラえもんに出てくる「もしもボックス」のような、こんな世界があったらいいなあ、というお話。
シガーが精神衛生上とても良いものであることは、シガースモーカーなら誰でも知っている。しかし、それはタバコの中でも最も高価なものである。
だから保険が適用されるといいのにね。とよく冗談で言い合うんだ。

例えばこんな話。

部下のミスから発展したトラブルをようやく解決したオレは町外れの小さなバーに足を向けた。ドアには小く赤い十字のマーク。
重いドアを開けると週末にもかかわらず、客はまばらだった。よかった。カウンターの隅に腰かける。
「いらっしゃいませ、ずいぶんとお疲れのご様子ですね」
「やはりわかりますか。今回のトラブルはヘビーだったよ、かなりモチベーションも下がったように感じる。てきとうにみつくろってくれるか?」
軽くお辞儀をして離れていった。
「お待たせいたしました」
目の前に濃い液体の入ったグラスとDavidoff Aniversario No.2が置かれる。
「お客様の生まれ年のポートワインです。今日はゆっくりと甘さを楽しんでください」
Davidoffの甘い煙をいつもよりゆっくりと燻らせる。
ハートにこびりついた錆がぽろりぽろりと落ちてゆくのがわかる。
ポートから甘くて濃いビンテージ・ラム、ブランデーベースの甘いカクテルと進み、最後は香り高いダージリンティーでしめた。
「ドクター、ありがとう。ごちそうさま。すっかり気分が良くなったよ、明日は寝ているつもりだったけど、ボートを出すことにするよ」
「よかったですね。保険証をお預かりします」
財布を取り出す。
「2,850円になります。それとペティアップマンを1箱処方しておきますので、隣のシガーショップでお買い求めください。」
オレはシガーショップで9,000円を払い、ペティアップマンの箱を小脇に抱え、軽やかな足取りで家に向かった。

※Davidoff Aniversario No.2は1本4,800円
※ペティアップマンは1箱30,000円

といった具合に嗜好品に保険が適用され、3割負担で購入できる世界。楽しそうだろう?

もちろん、保険が適用されなくてもシガーバーには名医や名カウンセラーがいる。
あなたの主治医を捜す目的でシガーバーをはしごするのもきっと楽しい時間になるだろう。

人気ブログランキングへ
たばこ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
愛煙・タバコランキングへ

「大煙会」公式ブログ

本日煙になったタバコ
Cigarette
  The Peace:1本
  わかば:15本
Pipe
  Balkan Sobranie New:1ボール
  Ark Royal:1ボール
Dry Cigar
  Montecristo Puritos

00:07:18 | pierre | | TrackBacks
Comments

マッケイ wrote:

すごい!非常に面白い趣向の物語だと思います(*^_^*)
先日、とあるアニメ映画の監督の方に、
「たばこと人のテーマで物語を作るのはどうでしょう?」と
ツイッターで相談したら、
傑作映画「サンキュースモーキング」があるのでやりずらいと返答をいただきました。
確かに傑作映画でしたが、たばこの消費者たる個人の感情や世界観?といった要素が薄く、
なんだかごまかしの効いた映画だと感じました。
どう思われますか?
03/07/12 00:11:34

pierre wrote:

「サンキュースモーキング」は業界物語で限定的だと思います。たばこと人のテーマであれば、筒井氏の短編、「最後の喫煙者」のほうがずっと優れています。
まだまだ可能性はあると思いますよ。タバコの歴史モノなんかも色々とネタはあります。
03/07/12 00:38:05
Add Comments
:

:

トラックバック