Complete text -- "THE PEACE JTの威信をかけた新製品を味わう"

02 February

THE PEACE JTの威信をかけた新製品を味わう

1

スモーカーの間で話題沸騰中のTHE PEACEのテイスティングをした。

かなり話題になっているので、このシガレットを知らない人もいないかと思う。
2012年2月1日に発売になったTHE PEACE。

早速テイスティングしようと買いに行ったら、軒並み売り切れか実入荷。
何件か回って手に入れたのがサンプル1本だけだった(涙)。
しかしこのサンプルはすごい。なんとチューブ入りだ。これは製品よりも価値が高いと思った。
シガーではよく目にするチューブのシガレット版。これは嬉しい誤算だった。

2

3

比較として、フィルター付のPeace(20本入)を用意した。

4

まず、火を点ける前に上唇と鼻の間に挟んで香りをチェック。パイプ煙草におけるティンノートのチェックだ。
Peaceに比べて香料を強く感じる。おそらくバニラ系。
火をつける。タール21mgのPeaceに比べ10mgのTHE PEACEはマイルドだ。
香料はTHE PEACEのほうが強い。辛味もなく、雑味もない。

同時に吸うとPeaceのほうが辛くて雑味を感じる。
パンフレットによると、トップクラスのバージニアの中から更に旨みの強い葉を厳選した、とのこと。

オレの感想。
バランスはとても良く、質の高いタバコであることもよくわかる。おそらく世界的にも5本の指に入るシガレットとして仕上がっていると思う。が、しかし。
Peaceファミリーとしてはこの香料なのだろうが、高品質バージニアだったらストレートでも味わってみたい。
美味いタバコの条件として強さ=タバコ感をオレは求める。その点で物足りなかった。
途中からフィルターをちぎって両切りで吸ってみた。両切りPeaceのに近い酸味などが強調される。フィルターが無いほうが美味い。
将来、両切りのTHE PEACEを製品化してほしい。というのがオレの結論だ。

これまでJTも世界の流れを追いながら、軽いタバコ、メンソールなど安易なマーケティングを追求してきたが、やっと本来あるべき姿勢を取り戻したように感じる。
そういう意味で拍手を送る。

また、こういう商品が市場に受け入れられるということは、タバコ消費がより趣味的になっているということ。
本来の嗜好品としてポジションを回復してきているということ。などが言えると思う。
JTユーザーとしては、海外のスモーカーに「これ美味いぜ、吸ってみな」と言えるような商品をこれからも開発してほしいと願う。

人気ブログランキングへ
たばこ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
愛煙・タバコランキングへ

「大煙会」公式ブログ

本日煙になったタバコ
Cigarette
  Peace:3本
  The Peace:1本
  わかば:7本
R.Y.O
  che:1本
  American Spirit:1本
Pipe
  Balkan Sobranie New:2ボール
Cigar
  Don Diego Preludes
23:41:04 | pierre | | TrackBacks
Comments

xYEAkFEhUeQt wrote:

Je vous remercie pour cet article et pour celui sur les cordes et fibres végétales, cela faisait longtemps que je me posait la question de leur fabrication ! Document tres inaearesstntxrvier
07/22/16 01:40:22
Add Comments
:

:

トラックバック