Complete text -- "シガレットの廃盤銘柄を試喫する会"

25 September

シガレットの廃盤銘柄を試喫する会

1

今日は東京スモーキング・クラブの定例会。

本日のテーマはディスコンシガレットのテイスティング。
集まったシガレットは以下の通り。
朝日 1904-1976
富士 1953-1974
ラムセス2世

ハイトーン

特に上から3銘柄は珍しさ特Aといえる。この3銘柄はTSCのメンバーが提供してくれた。

2

朝日、富士はオレも初体験。
こないだ自分で寝かせたビンテージ・シガレットをテイスティングした結果、以下のことが経験としてわかった。
1.数年でシガレットの着香は飛ぶ。
2.ニコチンは緩やかに飛ぶ。
3.シガレットは熟成しない。
4.シガレットはフレッシュが一番うまい。

なので味わいには期待しないでスタート。

朝日はフィルターのない時代のシガレット。いわゆる「口付きたばこ」だ。
フィルター代わりに厚紙の空洞がある。これを根元で一回、その先で直角に一回つぶして吸うのがスタイル。

3

味わいはお香のような、畳のようなもの。ちょっと太いけど緩めの詰め方で早く燃える。少し辛めで吸い方によっては喉が痛い。美味しいとはいえない。

富士は両切りの細め。バージニアブレンドとプリントされていて期待が持てる。紙にうっすらとニコチンがしみ出している。

4

こちらはアメスピのようにきつきつに詰められており、スローバーニング。しかしやはり香りが飛んでおり、バージニアの甘さはない。朝日に比べると強い印象。やはり少し辛くて喉にくるなあ。お香や畳の香りはしない。やはり美味しくない。

ラムセス2世は上記2銘柄に比べて若い。箱も美しいが楕円形の形状もなんとも美しい。葉組はオリエント系100%だ。

5

これは現役で吸ったことがあるので、比較ができる。ちょっと想い出にあるような濃い芳香は感じられず、ちょっとスカスカした印象だが、朝日や富士に比べればだんぜんに美味い。これは今でも吸えるけど、やはりフレッシュのほうが美味しいのは確か。

峰はもっとも新しい個体で、それほど珍しくもなく感動もない。ついこないだまで吸っていた通りの味わいだ。

だいぶ吸ったのでハイトーンまではたどり着かなかった。途中に廃盤ではないが古いヴァイオレットを吸ったりして、もうみんなお腹いっぱいだったからだ。

いずれにせよ、オレがいうシガレットはフレッシュが美味く、熟成はしない、という説を再確認できたことと、古い美しいパッケージデザインに触れられたことが収穫であった。

おまけ「ラムセス2世とたばこ」
なぜタバコにラムセス2世の名前が冠されたのか。こんなニュースがある。
3200年前のエジプト第19王朝ファラオ、ラムセス2世のミイラ腹部からタバコを発見。
しかもニコチンが検出され、さらにタバコ虫まで発見された。
実はニコチアナ・アフリカーナというタバコがアフリカ大陸には自生していて、古代エジプトでは防腐剤や防虫剤として用いられていたらしい。というののが1975年のニュース。
おそらくそこから付けられた名前であろうと推測する。

人気ブログランキングへ
たばこ人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
愛煙・タバコランキングへ

「大煙会」公式ブログ

本日煙になったタバコ
Cigarettes
  朝日:1/2本
  富士:1本
  ラムセス2世:1本
  峰:4本
  ヴァイオレット:1本
  Peace:3本
  中南海:1本
R.Y.O
  Golden Virginia:1本
  Classic Canadian:1本
Pipe
  blue note:1ボール
22:25:25 | pierre | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック