Complete text -- "スモーカーの冬支度"

26 September

スモーカーの冬支度

1

衣替えをするように、タバコも冬支度に取りかかる。

今年はやたらと暑い夏から急激に寒くなり、短い秋の後、本格的な冬がすぐに訪れそうな予感だ。
こういう時期は風邪が流行る。
流行に敏感なオレもしっかりと引いた。
こういう時はおとなしく、冬支度をするに限る。

先ずは、寒くなると圧倒的に割合が増えるパイプの準備だ。
夏の間はブライヤー以外のパイプが3〜4本あれば充分ローテーションできた。
これからはブライヤーの季節だ。
乾燥庫で眠っているブライヤーたちを軽くメンテして30本ローテーションに備える。

煙道にアルコールを染み込ませたモールを突っ込み、しばらく置く。
引き抜いた後、プラスチックを編み込んだモールで煙道をごしごし。
チャンパー内の余計なカーボンをリーマーで落とす。
カーボンは薄いが、でこぼこがあったら、紙ヤスリでならす。
後はまた乾燥庫でしっかりと乾燥させて出番待ち。

空いているパイプ煙草も乾燥しがちになるので、ジャーの中に小さな加湿器などを入れて湿度調整。これからの時期みかんの皮なども重宝する。

小粋も乾燥に要注意。粉になってしまう。
※ある煙管吸いの言葉。パイプスモーカーが一番刻みを吸うのが下手だ。刻みを揉んで固詰めしてしまうから。刻みは優しく折りたたむようにまるめ、優しく乗せてやるもの。


シガーも状態をチェックしながら、気温を見て徐々に加湿してゆく。
平均気温が20℃を割ったらしっかりと加湿してやる。
ただし、20℃前後でのオーバーヒュミはカビを招くので注意が必要。

道具のメンテが必要なパイプ以外は、タバコの乾燥を防ぐことが主な作業になる。
シャグタバコも開けてしまったパッケージは密封して加湿してやろう。

真夏の太陽とシガーも素敵だが、冬場のパイプの温もりと重厚な香りもまた素晴らしい。


結局1年中タバコを楽しんでいるわけだが。

↓応援してね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
愛煙・タバコランキングへ

本日煙になったタバコ
Cigarettes
  Peace:2本
  hi-lite:4本
  SevenStars Black:6本
煙管
  小粋:2本
Pipe
  Orlik Dark Kentucky Flakes:1ボール
  G.L.PEASE Key Largo:1ボール
  W.O.Larsen's Classic:1ボール
23:37:54 | pierre | | TrackBacks
Comments
コメントがありません
Add Comments
:

:

トラックバック