Complete text -- "ハイライトのパッケージをデザインしたのは誰?"

20 September

ハイライトのパッケージをデザインしたのは誰?

1

というクイズが出されたら、あなたは答えられるだろうか?

答えは「和田誠」。

2010年9月11日[土]〜11月7日[日]まで、渋谷のたばこと塩の博物館にて、特別展「和田誠の仕事」が開催されている。

さっそく観てきた。
和田誠氏といえば、ハイライトパッケージのデザインよりも、イラストレーターや映画監督、コラムニストとして一般には知られているのではないだろうか。

ディープスモーカーなら真っ先にハイライトをデザインした人物。と頭に思い浮かぶ。
更にオレの場合は大学の先輩でもあり、デザインを生業としているので、これは常識問題。
母校の学食のテーブルには氏の落書きが残っている、という伝説もある。

大学在学中に大きなデザイン賞を獲り、若いうちから注目を集めたクリエイターでもあった。
就職後、新しいたばこのパッケージ・デザイン・コンペに参加して見事採用されたのが、ハイライトだ。

多くのパッケージがリニューアルを繰り返すなか、まったく変更が加わっていない数少ないパッケージだ。
レイモンド・ローウィーがデザインしたピースに匹敵する日本のベストたばこパッケージ・デザインといえる。

味わいも強いだけではなく、はちみつやメイプルシロップの甘い香りもする。


今回の展覧会の目玉はなんといってもピースのシリーズ広告。
新作も加わって、おおいに楽しめる。
1コマ漫画的なイラストでピースの魅力を伝えるシリーズ。
素朴で毒のないイラストはコピーがなくともピースの魅力を伝える力を持っている。

本当に多才な人だなあ、と感心してしまう。

展覧会を観おわった後は無性にピースが吸いたくなった。
今日はたまたまピースを持ち歩いていたので、余韻に浸りながら喫煙室で一服。


この展覧会、ご本人のトークショーや監督作品の上映など盛りだくさんなので、スモーカーなら是非足を運んで欲しい。
そして、観おわったら、ピースもしくはハイライトで一服しよう。

↓応援してね。

人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ
愛煙・タバコランキングへ

本日煙になったタバコ
Cigarettes
  中南海:3本
  Peace:8本
  hi-lite:2本
Pipe
  Big Horn:1ボール
  Dunhill NightCap:1ボール
Dry Cigar
  Villiger Export:1本
23:41:28 | pierre | | TrackBacks
Comments

会長 wrote:

企業のロゴマークなどは時代の感性を察して微調整をしています。たしか、「ピース」のデザインも微妙に変化してきたと思います。

ハイライトは立派ですね。今見ても古さを全く感じません。私はハイライトが70円のころの記憶があります。
09/21/10 02:22:14

pierre wrote:

会長どの
おっしゃるとおりです。
メンソールが出た時も色だけの変更でしたね。
09/21/10 12:07:32
Add Comments
:

:

トラックバック