Complete text -- "2009年の総括"

28 December

2009年の総括



さて、今年も最後の更新になりそうだからこの1年を総括してみる。

2009年の吸い初めはH. Upmann Sir Winstonだった。
その時の感想はこちら。
正月にはいい葉巻を吸いたい。

2月にはコリブリ社の破綻でライターを一つ失ってしまった。
現在は営業を再開している。でもオレのライターは戻ってこない。

またこの月はゲバラブームのおかげで、雑誌「FLASH」の取材を受けた。

5月には待望の「パイプ大全」が出版された。
売れ行きはまあまあ好調らしい。

6月、暖かくなってくると自転車に乗る。
仲間とガンダムを見に行った。

8月から煙管を度々吸う機会が増えた。
日本の煙草を守ろう、という気持ちも強く持った。

そして9月は「BIG SMOKE in Japan」を開催。オレのこれからの活動の原点となるものだ。

10月は「第36回全日本パイプスモーキング選手権大会」。
とても苦い結果となる。
いつか、2009年の失敗があったから今のオレがある。と言ってやりたい。

11月は第一回の「粋人会議」に参加。
シガーパーティー以外のタバコイベントが増えるのはいいことだ。

そして師走を迎えた。
今年を振り返るとイベント事が多かったように思える。
これまでスモーキングイベントといえば、シガーパーティーが多かったのだが、今年はそれ以外でも多くのイベントが開催され、参加した。
これはスモーカーの危機感の現れではないだろうか。タバコ及びタバコ文化の灯火を消さないために。
「BIG SMOKE in Japan」もそういった部分があった。

新政権により、たばこ税の大幅値上げも決定した。
年々、我々を取り巻く環境は厳しさを増している。
それに対して喫煙種がゆるりと連帯を始めたのではないだろうか。

2009年はスモーカーが行動を起こした年として、後に語られる事になるのかもしれない。
負けるなスモーカー、胸を張り、タバコに火を点けろ、オレたちの狼煙を上げるんだ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

この週末煙になったタバコ
Cigarettes
  PEACE:6本
  SevenStars:7本
  中南海:8本
  KENT NANOTEK:17本
Pipe
  W.O.Larsen No.28:2ボール
  Rattray Hal O'the Wynd:2ボール
Cigarillo
  Macho:4本
Cigar
  Cohiba Lanceros
  Montecristo No.4
  Por Larranaga Petit Coronas Cabinet
23:58:28 | pierre | | TrackBacks
Comments

山田太郎 wrote:

今年はピエールさんに直接お会いし、お話しすることができとても幸せでした。
来年も個人の幸福の追求とともに、たばこ文化のためにももっと積極的に活動したいと思います。

しかしよりによってこの年末にこんな恐ろしいニュースが飛び込んでくるとは、本当にい危機感を覚えます。
私は直接の行動として出版社に発売中止を撤回するよう電話するようにします。
福音館書店(塚田和敏社長)は28日、月刊「たくさんのふしぎ」の2010年2月号として
 発売した「おじいちゃんのカラクリ江戸ものがたり」(文・絵、太田大輔)を販売中止にすると、
 ホームページで発表した。

 対象年齢は小学校3年生からで、発明家のおじいちゃんが2人の孫に江戸時代の暮らしを
 説明する内容。おじいちゃんはたばこ好きの設定で、喫煙したまま孫たちと同席する場面が
 何度も描かれている。
 喫煙に反対する団体などから「たばこを礼賛している」「たばこ規制枠組み条約に違反する」
 といった指摘があり、同社は販売中止を決定した。

 ホームページでは、塚田社長名で「(たばこは)小道具として使用したものであり、喫煙を
 推奨したりする編集意図はまったくありません」と説明。「しかしながら、子どもの本の
 出版社として配慮に欠けるものでした」と謝罪した。
http://www.yomiuri.co.jp/na...
12/29/09 18:31:38

pierre wrote:

山田太郎さん、いつもどうも。

そのニュースは増税と並んで今年のトップ2ですね。

今年のコラムも書き納めかと思ったけど、もう一本書かなくてはなりませんな。
12/29/09 18:52:07
Add Comments
:

:

トラックバック