Complete text -- "日本はたばこ税大国へ、そしてカフェイン税へ。"

25 December

日本はたばこ税大国へ、そしてカフェイン税へ。

1

来年の10月の大増税で日本のたばこ税率は世界第3位になる。

ついにたばこ税の増税が決まってしまった。
一本あたり5円の値上がり。
内訳はたばこ税3.5円、本体価格1.5円の大幅値上げとなる。
300円のたばこは400円となる。

これでたばこ税率は60%を超え、他の先進国がこのまま税率が上がらなかった場合、世界第3位のたばこ税率となる。
もし5円がそのまま税金であった場合、世界1位になる可能性もあった。

これはこれで許せないことなのだが、ちょっと怖いなと思ったのは今回の大増税について「健康目的」だの「医療費」だのといった言い訳を政治家が軽々しく口にしていること。

実際の国民健康保険のデータを見ると喫煙経験者と非喫煙者の間に差はない。
しかし最近は禁煙に保険が適用されるようになったので、これからは差が出てくるだろう。

ニコチンガムとかニコチンパッチなどの製薬会社が売るタバコには保険が適用されるが、たばこ会社がうるタバコには高い税が加算される。
医者で処方されるタバコの保険負担を別のタバコで補う、ということだろうか。

本来は財源確保のためだけに増税しているにもかかわらず、「健康目的」だの「医療費」だの「福祉」だのとオブラートに包む言い方が本質をいかに隠して苦みを忘れさせているか。

これはとても応用の効く方法である。

次のターゲットはおそらく酒税。
こちらも「健康目的」だの「医療費」とオブラートに包んでくるはずだ。

そして最後にはカフェイン税までありうる、とオレは思う。
既に各国でカフェイン税に関する議論は少ないが起きている。

人はパンのみに生き、黙々と税金を払い続けよ、健康は国家が管理するから。

という世の中を目指しているのか。
人は一つずつ嗜好品を取り上げられてゆき、ただ生きて税金を払うだけの存在になるのだろうか。

そんなつまらない世界はまっぴらごめんだ。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

この日煙になったタバコ
Cigarettes
  SevenStars:9本
  中南海:4本
Pipe
  W.O.Larsen No.28:1ボール
  W.O.Larsen Classic:1ボール
  Rattray Hal O'the Wynd:1ボール
Cigar
  H. Upmann EL2005 Magnum50
23:29:48 | pierre | | TrackBacks
Comments

アシュトン wrote:

読ませていただきました。
応援ポチポチ!
12/28/09 11:49:59
Add Comments
:

:

トラックバック