Complete text -- "Che Guevara: Revolutionary & Icon"

27 August

Che Guevara: Revolutionary & Icon

1

葉巻仲間が面白い本を見つけてきてくれた。

世界中から集められたチェ・ゲバラの様々なビジュアル集。
革命家のアイコン。

2

もはや共産主義革命は起こりようもないが、人々は生活のあらゆる場面で小さな革命を経験している。
そんなシーンやちょっとした反発心にゲバラのアイコンがしっくりくるようだ。
確かに最近オレがよく使っているアイコンも、ゲバラをモチーフにしたおふざけだ。
これにも世の中のタバコへの流れに対するオレの気持ちが込められている。

この本に集められているビジュアルもユニークで笑えるものや、ちょっと風刺の効いたものまで、見ていて飽きないものばかり。

ちょっと紹介しよう。

CHE GAY お化粧したゲバラ(ウォーホールのマリリン風)。駄洒落だが意味深だ。
3


シスターとゲバラ。
4


ゲバラウェア。
5


おお、ジーザス!
6


一服しながらこの本のページをめくれば、いやなことも忘れてニヤニヤできる。
本を見つけてきてくれた友人に感謝。





人気ブログランキングへ

にほんブログ村 その他趣味ブログ 愛煙・タバコへ

本日煙になったタバコ
Cigarettes
  SevenStars:17本
  中南海:12本
Pipe
  MAC BAREN VIRGINIA No.1:1ボール
煙管
  小粋:3服
22:54:19 | pierre | | TrackBacks
Comments

つじも wrote:

いやなことを忘れてニヤニヤできる
って素敵なことですよね。

僕はシガーを喫んでいるとき必ず一瞬はゲバラを思い出し、よっし 仕事がんばろ と思えます。
いまの自分はゲバラの苦しみに比べればきっとたいしたことないはずだから。
Haste la victoria siempre,

勝利するまで永遠に。
08/28/09 00:32:06

pierre wrote:

つじもさん、ゲバラが受け入れられている部分はたぶんそこなんでしょうね。
共産・社会主義革命を越えた普遍的な想いが伝わってきますよね。
08/29/09 01:11:09
Add Comments
:

:

トラックバック